治療について | 双極性障害とその診断方法について知っておこう

治療について

ヒアリングする医師

双極性障害だと診断された時、多くの人は戸惑いや不安を隠せなくなるでしょう。治療を受けたり、様々な福祉制度に頼ったりする事に抵抗がある人もまだまだ多いのが現状です。しかし、双極性障害は放っておいても治療できません。診断されたら、焦らずに自分のペースで治療していくことが大事です。従来のうつ病に比べて治療が複雑だといわれている双極性障害ですが、正しい治療を行えば時間がかかっても改善します。

双極性障害の主な治療法は、「薬物治療」と、「精神療法」があげられます。精神安定剤を初め、症状の程度に合わせて出す薬を変えていきます。おもに抗うつ剤、抗精神病薬、睡眠薬などが処方されます。抗うつ剤は、基本的に双極性障害の「うつ」の症状が重いと診断された場合に用いることがあります。それ以外の場合は基本的に、うつ状態から躁状態への躁転させてしまうことも考えられるため処方されることはありません。抗精神病薬は、躁状態特有のイライラや落ち着きのなさを沈める効果があります。欧米では、これらの新しい薬には双極性障害再発の予防があるとも言われており、研究が進んでいます。睡眠薬は、うつ状態特有の不眠症状が発症した時に処方されます。薬を止める時は、医師の診断に従うことが大事です。

精神療法には、認知行動療法や心理教育といった治療法が取られます。認知行動療法とは、患者さんが否定的な捉え方にするのに気付いてもらうところから始まります。どうしてそのような捉え方になるのかを一緒に考えて、適応的な捉え方をできるようになるサポートをする治療法です。