どんな病気か

双極性障害と診断された場合

肉体的・精神的な負担を抱えて、その結果心身ともに様々な病気の症状に悩まされているという人は少なくありません。ストレスからくる腸炎や食欲不振、極端な体調不良などがよく聞かれますが、中でも話題になっているのが「うつ病」や「双橋区性障害」と呼ばれるものです。「双極性障害」は「躁うつ病」とも呼ばれている病気で、従来のうつ病と同じ症状がありながら、うつ病にはない独自の症状も見られます。双極性障害については、最近になってから少しずつ病気の実態が明らかになってきています。とはいえ、まだまだ不透明な部分もあるので、診断や治療は慎重に行ったほうがよいでしょう。

上手に付き合っていくために

双極性障害の特徴は、気分が落ち込み無気力になっている「うつ状態」と、対照的に気分が異常に高揚してハイになっている「躁状態」を一定の周期で繰り返すということです。うつ状態の症状は、「食欲がない」、「ひどい不眠状態」、「極端な無気力状態」、「ひどく悲しい気持ちになって、何の希望も持てなくなる」といった症状が見られます。対する「躁状態」の症状は、「いつもよりよく喋るようになる」、「注意力がいつもより散漫になる」、「先のことを考えずに、突拍子のない行動に出る」、「とにかく興奮してしまう」という症状がみられます。双極性障害には大きく分けて2つの種類があり、それは躁状態がどの程度なのかによって判断されます。悩んでいる場合は、まず自分がどの分類に近いのか診断を受けましょう。

双極性障害とは、憂鬱で無気力になってしまう状態と、ハイテンションになり、気分が良くなるという状態を繰り返す病気です。 自己診断する事が難しく、ハイテンションになっているときの躁状態に対する自覚症状を感じることは少ないので、自覚症状のある鬱状態ばかりに注意が集まってしまい、誤った認識をしてしまう事も少なくはありません。 双極性障害と診断するためには、自分自身が鬱状態だという自覚症状を感じた際に、やけにハイテンションになっている時がないのか、自分自身の行動を振り返る必要があります。 双極性障害と診断された場合には、症状を把握し、気分の波の状態を知ることで、より快適な生活を送ることができます。 双極性障害と診断されたからといって、暗く考える必要はありません。 前向きに生活してしくことが、なによりも大切なのです。

双極性障害は、改善することができない病気ではありません。 病院に通い、専門知識を持った医師に相談し、薬物療法や精神療法を行うことで症状が良くなっていきます。 現在では薬の種類も多く、自分に合うものを服用することができます。 双極性障害と診断されたからといって、悲観的になる必要はありません。 自分の体と向き合う為の良いチャンスだと考え、症状を改善していく事が大切です。 薬物療法や精神療法をうまく活用し、気分の波とうまく付き合っていくことで、ストレスを溜め込まない快適な生活を送ることができます。 ストレスの多い現代では、適切な治療を受けながら、リフレッシュするなどの気分転換を毎日の生活に取り入れ、症状を改善していく方が多いのです。 双極性障害と向き合い、ストレスを貯めないことが、より快適な毎日を送るために一番効果的なのではないでしょうか。